新車値引きを最大限に引出し、車を安く買うための情報

 

新車の商談において、今まで乗ってきた愛車を下取りに出される方は多いと思います。
しかし、カーディーラーでの下取りはとても安いと評判です。
ディーラーでの下取りよりも買い取り専門店で買い取ってもらう方が、愛車は高く売れます!
実際に現役営業マンの私、お客様からいただいた下取り車をよく車買い取り専門店に売却して利益を得ています。
そう、買い取り専門店は高いのです!
買い取り専門店で愛車を高く売るコツはこちらをご覧下さい↓↓
車買い取り専門店で愛車を高く売るためのコツとテクニック

 

しかし、新車の商談において、下取り車の有無によって実は値引きの額は変わってくるのです。
下取り有りで商談を進める方が値引きは大きくなります。
しかし、ディーラーよりも買い取り専門店の方が愛車は高く売れる。
この2つの相反する問題を解決して、値引きは最大限に引き出し、尚且つ愛車は買い取り専門店に高く売る方法をお教えします。

 

 

なぜディーラーで下取りする前提の方が値引き額は大きくなるのでしょう?

 

新車の商談において営業マンがよく使う手口
下取り車の査定価格をお客様にはあらかじめ低く伝えておきます。
例えば、
実際には100万円の査定価格の車をお客様には90万円と伝えたりします。
新車の値引き交渉において、たくさんの値引きをしてあたかも限界まで値引きしたような演技をします。
お客様は値引き額に満足し、注文を頂いてから、下取り車の10万円分の余裕を新車値引きに充てます。
このようにお客様の知らないところで営業マンは値引き額や下取り車の価格操作を行うことによって、お客様には限界まで値引きしたかのように振る舞い、実はたいして値引きをしていない、言わば楽勝な商談を行っているケースが非常に多いのです。

 

では本題。

値引きは最大限に引き出し、尚且つ愛車は買い取り専門店に高く売る方法とは?

 

まず商談は下取り有りでの商談を行って下さい。
カーディーラーで愛車を引き取ってもらう前提で話を進めます。
値引き交渉は頑張ってやってくださいね。

そして、値引き交渉と同時に下取り車の価格交渉も行って下さい。
下取り車の価格交渉はそこまで頑張らなくても大丈夫です。どっちにしろカーディーラーでの下取りは高くないので。
値引き交渉も大詰めを迎え、納得のいく値引き額が引き出せたら注文書に判子を押しちゃって大丈夫です。
もちろん下取りは有りのままで。
そしてそのまま家に帰りましょう。
後日(次の日〜3日後ぐらいまで)
担当の営業マンに電話をしてこう伝えましょう
友人が下取り車を欲しいと言っているので、譲ることにしました。査定価格の分のお金は払いますので、下取りは無しにして下さい」と。
新車の登録が完了するまでなら下取り車のキャンセルはできます!
営業マンは下取りがキャンセルになっても文句は言えません。
新車営業マンの一番の仕事は新車を売ることであり、下取り車を買い取ることではないからです。
お客様の機嫌を損ねて新車の注文をキャンセルされるわけにはいかないので下取り車のキャンセルは甘んじて受けてくれます。

 

注文書の大きな値引き額をそのままいただき、下取り車は買い取り店で高値で買い取ってもらう、少し荒っぽいテクニックですが、かなり効果的です。

 

 

現役営業マンが教える新車値引きを最大限引き出し安く買う方法TOPへ戻る

スポンサーリンク